第3学期始業式

2011年度第3学期始業式が、1月10日(火)に行われました。

  校長は、式辞で、「我々は生きている間は生きなければならない、そして与えられた人生を悔いなく生きるためにはどうすれば良いと思うか」という問いをなげかけました。
 またカントの超越論を紹介し、人は目に見えるものにとらわれがちだが、人が生きるためには目に見えない何かが必要なのである。その目に見えない何か「超越したもの」を求めて生きてほしい、というお話をしました。

校長式辞。まず沈黙を求めます。 黒板は「価値を求めて」。

麻布の近況へ  表紙へ