麻布学園PTA

第22回ファミリーコンサート

11月9日(土)に麻布学園PTA行事委員会主催の麻布ファミリーコンサートが開催されました。
麻布学園ファミリーコンサートは、麻布学園に集う生徒、教員、保護者が「麻布ファミリー」としてそれぞれの腕を披露する、まさに麻布の音楽の祭典ともいえる一大行事です。
今年も34組の出演者で4時間半にわたる大コンサートとなりました。

皆様をお迎えする看板の筆耕は保護者の方にお願いしました。

会場の講堂入口にはウエルカムボードが掲げられています。

華やかな受付もコンサートに彩りを添えます。

進行状況を伝える手作りプログラムが貼られています。

開場後の客席は続々といらっしゃるお客様で埋まっていきます。

客席中央には本格的な音響ミキサーがスタンバイされています。

第1部

開演に先立ち、水野行事委員長よりご挨拶。

トップバッターを飾ったフレッシュな中1バンドから 卒業生のおやじバンドのパフォーマンスまで、バラエティに富んだプログラムとなりました。
沢山のご家族に参加して頂き、まさにファミリーコンサート!
第1部の様子はこちらからご覧ください

第2部

第2部の開演に先立ち、平校長先生よりお話がありました。途中、氷上校長も応援に駆けつけて下さいました。

ピアノソロをはじめ、家族や友人達との室内楽、先生と生徒による共演、
PTAサークルなど様々な演奏が披露されました。
第2部の様子はこちらからご覧ください

第3部

取りを飾るのは恒例のダンス部。多彩なパフォーマンスで会場を盛り上げました。
第3部の様子はこちらからご覧ください

コンサート終了後の盛り上がり

バックステージ

コンサートの成功を願って、ファミリーコンサート部員も一丸となってサポートしていました。

開会前の準備の様子。2日間のゲネプロを終えていよいよ本番。揃いのTシャツはこの日のために用意したもの。

舞台上では慌ただしく準備が進められます。

入口や受付のチェックにも余念がありません。

扉の開閉音が演奏の邪魔にならないよう手を加えています。

舞台の転換は出演者の生徒が手伝ってくれています。

司会は小さなランプを頼りに心を込めて原稿を読み上げます。

タイムキーパーは時間通りにプログラムが進むよう必死です。

コンサートの成功に部員のテンションも上がっています。

  

            今年のファミリーコンサートも大成功の内に幕を閉じました。