麻布学園PTA

クラス懇親会

6月15日(土)に今年度初めての『クラス懇親会』が開催されました。
いくつかの班に分かれて美味しいお弁当をいただいた後、先生に各班を廻っていただき、学園生活の様子を伺い、和やかなひと時を過ごしました。

中学1年生

息子が麻布学園に入学して初めての懇親会。
新米の保護者には学園での生活はわからないことが多く、各クラス5~8人のグループに分かれて情報交換しました。また先生方には所要時間を決めて、各グループを回って質問に答えていただきました。
部活動や学習面のことなど会話も弾み充実した時間でした。

食材の豊富さ、見た目の楽しさ、食の安全面を考慮し日本料理「扇」の会席弁当、茶菓は「たねや」のどら焼きに麻布中学の校章を職人が焼き鏝で一つ一つ手押ししたものを全クラスに用意しました。
この日のために近江八幡から届いたどら焼きはお土産にされた方が多かったようです。

中学2年生

担任先生方と保護者相互の親睦を深めることができました。楽しい時間をありがとうございました。

中学3年生

中3になり、初めての懇親会、顔馴じみも増え、親子共に麻布生活にすっかり慣れてきました。
どのクラスも、美味しいお弁当をいただきながら、先生方からお話を伺い、息子からの話を持ち寄り情報を交換して、クラスや学校の様子を知る貴重な一日になりました。

高校1年生

心身ともに変化が著しい高校生となり心配が絶えない毎日ですが、同級生のお母様方とお話することで、その不安や心配を解消することができました。
先生からは日常の様子を伺い、びっくりするやら大笑いするやら。
楽しいおしゃべりであっという間の2時間でした。

高校2年生

美味しいお弁当とプリンを頂きながら笑い声の絶えない楽しい会となりました。
謎のベールに包まれた(?)子供達の日頃の様子も、先生や保護者同士の話からわかって、とても有意義な時間になりました。