会報委員会

会報委員会は、麻布学園の生徒・OB・保護者・先生方からのご寄稿や、 講演会・座談会をもとに、
年に1冊の会報を作ります。 読みごたえのある約200頁の会報誌です。

2010年度、第38号 PTA会報のテーマは――

「出会い」

私たちは、さまざまな「出会い」をくり返しています。

同級生や先輩、先生との「出会い」、あるいは本や音楽、スポーツとの「出会い」

その一つひとつが、人を育て、人生を豊かにしてくれるように思います。


あなたのこれまでの「出会い」、そして
これから期待する「出会い」
ぜひ会報にお寄せください。

川柳もあわせて募集いたします。

麻布P 三日やったら やめられぬ (新入生母)

ご案内のプリントとポスターもできあがりました。

ポスターは校門掲示板や校舎内に掲示します。 ぜひ立ち止まってご覧ください。

先生・生徒・PTA・OBの方々からのご寄稿をお待ちしております。

会報委員会の構成

担当教員1名、各学年保護者3名の計19名で活動しています。

およそ1年間かけて、200頁ほどの1冊の会報誌を作りあげます。 年度末の発行を予定しています。

委員会の作業

1学期は、前半は毎週のように集まって、会報誌の骨組みを詰めていきます。 まず最初にテーマを話しあい、
それが決まると構成と学年ごとの役割分担、 募集案内の文面作りなどなど、委員長の指揮のもと和気藹々と時間が過ぎていきます。


大会議室で印刷屋さんをまじえて年間スケジュールを
調整します。 本作りは未体験のメンバーでやっているので、
真剣に耳を傾けます。
4月の委員会風景
会議室やP室が空いていない場合には、
子供たちが使う特別教室を 使用させていただく機会があるのも楽しみの一つ? 今回は工芸室。
5月の委員会風景
6月5日、寄稿募集のポスターを掲示板に張り出しました。目に留めてくれるかな?
大会議室では担当の先生をまじえて、原稿依頼について話し合いました。
ポスターを掲示板に提示 6月の委員会風景

このページの先頭へ  | PTAトップページへ

学校法人麻布学園 c 1999-2010 All Rights Reserved