2011年11月懇親会(中学2年)

1組: 午前中の保護者懇談会では、学年主任・正副担任より、息子達の学校での様子についてお話がありました。その内容があまりにも衝撃的なものであり、初めて耳にしてショックを受けた保護者の方も多く、保護者との質疑応答でも、教室中が静まり返り、涙ありの重苦しい雰囲気に包まれてしまいました。引き続き、6グループに分かれて、お弁当を頂きながら、担任の先生には各テーブルを回っていただき、懇親会を行いました。息子達の抱える問題点について、反抗期に入り口数の少なくなった息子達と保護者としてどのように向き合っていけばよいのか、息子達の健やかな成長のために親は何をすべきなのか、尽きない日頃の悩みを、先生を交えて話し合ったグループが多かったです。多くの保護者の方々にご参加を頂き、たくさんの御理解と御協力のもと、和やかに会を終了できました。

2組:  6人グループを6つの班に分け、崎山先生・小園先生に拡販を15分ずつ回っていただきました。学校のことを親にあまり話さなくなった息子たちなので、先生方に学校電様子を伺うことができ、大変有意義でした。また、普段なかなかお目にかかれないお母様方ともお話しすることができ、和やかな雰囲気の懇親会でした。

3組: 2年3組だけ教室変更?理由を知らずに物理大実験室に集まった保護者からは不安そうな声もありましたが、部屋を少し暗くし正面のスクリーンに映ったのは…バスの中でなにやら楽しそうな子どもたち!2泊3日のクラス旅行、一部の学年行事、保護者会前日の昼休みの様子と30分間ほどの上映(先生のご厚意に感謝!)を楽しみながらお弁当をいただきました。その後、各テーブルで歓談、親睦を深めて会は終了となりました。

4組: 前日の雨も上がり、小春日和となった11月12日(土)、第二回クラス懇親会が行われました。美味しいお弁当を囲みながら、普段自分の息子からは聞けない情報を交換する楽しい会となりました。途中からは先生方にもご臨席賜り、各テーブルの保護者の皆様の質問等に直接答えて頂くことができました。先生方と保護者の皆様が一堂に会する貴重な機会ですので、終了時間までお話は尽きず、大いに盛り上がりました。
早いもので二学期も半分終え、中学生活も折り返し地点を過ぎました。今後も保護者同士親睦を深めながら、より良いクラスになるように協力していければと思います。

5組:  先生方からのお話によると、文化祭、クラス旅行、運動会、学年行事を経て、だいぶ5組のカラーが出てきているようです。クラス替えをしたばかりの一学期に比べ、いろいろな行事を共に過ごしてきた二学期は、クラスとして落ち着いてきている印象をうけました。
  懇親会では、お互い同じ年齢の男の子を持つ親同士、話は尽きることがありませんでした。子供たちからポツリ、ポツリと入ってくる情報を確認し合ったり、全く知らない話が飛び出したりして、驚いたり、安心したり、笑ってしまったり・・・。なかなか言うことをきかない年齢の子供たちに愛情をもって接してくださっている先生方のご苦労もヒシヒシと感じました。中学二年生の男子とは、こういうものなのかしら・・・?と考えさせられる一日でした。
また次回、保護者の皆様方とお話ができる機会を楽しみにしております。

6組: 中2としての懇親会も2度目となり、前回より打ち解けた雰囲気ではじまりました。5〜6名のグループに分かれ、昼食のお弁当をいただきながら、子供たちの学校生活についてなど話題は尽きることなく充実したひとときを過ごすことができました。 正副担任の先生方も途中から加わり、各グループを回って生徒たちの様子をそれぞれにお話し下さいました。2時間ほどの時間でしたが、親にとりましては貴重な情報交換の場となり、とてもなごやかに終了することができました。

7組: 今回の中学2年7組懇親会は、夏にご結婚された滝田先生へのお祝い授与から始まりました。PTAからのお祝いには、学年代表の増井さんが駆けつけて下さいました。教室は初々しく幸せな雰囲気に包まれました。どうぞ末永くお幸せに・・。
前回同様、保護者グループを先生方に移動していただく、という形で進めました。多くの保護者から聞かれる、息子から情報が入らない、という共通の悩み。先生方のお話が頼りとばかりに熱心にお話を伺いました。保護者間での情報交換にも花が咲き、あっという間に時間は過ぎたようです。
アンケートで賛成多数となりましたので、2月に次回懇親会を行う予定です。

このページの最初へ        PTAトップページへ


学校法人麻布学園 c1999-2011 All Rights Reserved