保健室より

保護者の皆さまへ

13歳から18歳は、心身ともに大きく変化する時期です。加えて、多くの人が、今までとは異なる通学時間、通学手段、学習環境、クラブ活動と、初めてのことばかりを経験していくことになります。そうした新しいことや、自分自身の変化に戸惑うことがあるかもしれません。そのような時、ちょっとした言葉や応援があると、乗り越えられるものです。保健室では、そんなお手伝いを保護者の方とともに行えたらと思っています。

Web版保健室の案内はこちらからダウンロードできます。

出席停止の手続について

学校保健安全法で定められた感染症が疑われる場合、早期回復と集団感染を防ぐため、病院で診断・治療を受け、しっかり療養してください。医師から登校の許可が出た時点で登校可能となりますが、学校にでてくる際、医師による「登校許可書」が必要です。実際の手続については以下の通りです。

  1. 1. 病院に行き、医師の診断を受ける。
  2. 2. 通常の欠席届同様、学校へ欠席の連絡を入れる。
  3. 3. 医師の登校許可がでるまで療養する。
  4. 4. 症状が改善し、登校許可がでた時点で医師に登校許可書を記入してもらい、登校時に保健室に直接提出する。

※この時、回復状態、休んだ日数、時間等の確認を行います。

詳しくはWeb版保健室の案内をご参照ください。

登校許可書

許可書の形式は問いません。病名、療養に要した期間及び登校が可能な状態になったことを明記したものであれば結構です。保健室に許可書の用意はありますが、病院で所定の用紙を用意してあるところも多いようです。受診の際に医師にお尋ねください。学園で作成した「登校許可書」は以下からダウンロ-ド可能です。