各教科の紹介

社会

社会科では、社会に対する見方や考え方を育てる授業を行っています。中高一貫教育である特徴を生かし、中学1年から高校1年までを、全科目を必修とする「基礎課程」と位置づけ、高校2年と3年は、選択制を取り入れたカリキュラムにしています。

世界授業(中1)
世界授業(中1)

中1では、世界の地理と歴史の分野を統合した「世界」という科目を学び、中2では、東アジアを視野に入れた「日本史」と「地理」の2科目を履修します。

世界授業(中1)
世界授業(中1)

中3には、人権を中心に憲法を学ぶ「公民」と、近・現代を中心にした「日本史」が置かれています。また、高1では、近・現代の世界史を扱う「現代Ⅰ」、経済的分野を扱う「現代Ⅱ」、地理的分野を扱う「現代Ⅲ」を学習し、年度末には、各自が自由にテーマを選んで研究し、論文としてまとめる「基礎課程修了論文」(通称「修論」)を提出します。

白地図(中1)
白地図(中1)

高2からは選択制となり、「日本史」、「世界史」、「地理」は2年間の継続履修、「倫理」(高2)、「政治・経済」(高3)、「哲学」(高3)は単年度履修とし、それぞれの関心に応じて、理解を深められるように配慮しています。

修論佳作集『考える葦』
修論佳作集『考える葦』